カリモク ダイニングチェア/ CU93モデル 合成皮革張 食堂椅子 (COM オークD・G・S/リーベルラルゴ) CU9315-LL 523afxbcc22340-椅子、スツール、座椅子

自主防災リーダー養成セミナー基礎編

開催します

これだけ災害が多い時代だからこそ、防災・減災の基礎である、大切な命を守る方法を学んでください

カリモク家具・karimoku
【代引不可】■サイズ/幅:550mm /奥行:660mm /高さ:790mm /座高:425mm ///■張り地/合成皮革:リーベルラルゴ//■主要木材/オーク//■木部塗装色/オーク//■クッション/ポリエステルメッシュ・ウレタンフォーム//【カリモクのこだわり】/■包まれるくつろぎのモタレデザイン/超高密度3Dネットを使用するモタレクッションは身体をしっかりと面で支えてくれるので、硬すぎず、柔らかすぎず、ゆったりと包まれるようなくつろぎを与えます。//■優しく包み込む上質な座り心地を実現/身体のラインに合わせ、優しく身体を支える、立体編物“シュージョン”を組み込んだシートは、臀部から太ももをやさしくサポート。優れた体圧分散性で、疲れにくい構造です。//■メンテナンスの手軽さがうれしい/布張にはカバーリングを採用。カバーを取り外せば簡単に気軽にお手入れができます。ウォッシャブル張地なら、ご家庭でもお洗濯できます。

【ご注意下さい!】
※商品写真は布張りを使用していますが、こちらの商品は合成皮革張とな……

※詳細は下をご覧ください。



商品情報商品画像
商品名 カリモク ダイニングチェア/ CU93モデル 合成皮革張 食堂椅子 【COM オークD・G・S/リーベルラルゴ】商品画像をクリックすると拡大した画像が新しいウィンドウに開きます。

ダイニングチェア ダイニングチェアー いす イス 椅子 チェアー 食堂椅子  国産 日本産 日本製 メイドインジャパン MADE IN JAPAN 国内製 肘なし 肘無し ひじなし アームレス  



width=640
リビング
▼ソファ・リクライナー
▼TVボード・リビングボード
├ TVボード
├ リビングボード・サイドボード
└ 飾棚・キュリオケース
▼リビングテーブル・座卓
ダイニング
▼ダイニングテーブル
▼ダイニングセット
▼ダイニングチェア
▼食器棚
▼家電収納
▼飾棚
寝室
▼ベッドフレーム
▼マットレス
▼ナイトテーブル
▼寝装品
▼ドレッサー
▼チェスト
書斎
▼デスク
▼デスクチェア
▼デスクワゴン・チェスト
▼書棚・本棚
▼スタンドライト
ルームアクセサリー
▼FAX台・電話台
▼スリッパラック
▼ポールスタンド
▼花台
シリーズ家具
▼コロニアル
▼ア・ラード
▼木組
▼大en卓
▼木挽
▼座・スタイル
▼ビベンテ
▼ディエーレ
▼キチット・エス
▼キチット・アンプル
子供部屋
▼学習デスク
▼デスクチェア
▼デスクワゴン
▼ブックスタンド・バックパネル
▼書棚・本棚
▼スタンドライト
▼ハンガーラック
▼シリーズで選ぶ
├ ボナシェルタ
├ ユーティリティ
├ スマート
├ ティポリーノ
├ スパイオ
├ エテルナ
├ カントリー
├ シンプル
└ ベーシック
 


カリモク ダイニングチェア/ CU93モデル 合成皮革張 食堂椅子 (COM オークD・G・S/リーベルラルゴ) CU9315-LL
LS-EM 3人掛け肘無 LS-EM31S GR/DBR (jtx41378) プラス

私たちは

人が死なない防災を目指して

私たち「まちの防災研究会」は

災害から大切な命を守るために 

一人一人が 地域が 社会が

どのようにして災害に備えることが大切なのかを研究し

自分の命は自分で守ることについて

となりご近所で守りあうことについて

子どもやおじいちゃん、おばあちゃんを守ることについて

一人でも多くの方々に話しかけ

少しでも災害に強い社会になるように

みんなの笑顔が守られるように

そんな願いで活動しています

地域の防災力とは

ナイキ 受付用カウンター ONC1890U-AWH-GR

これまでの防災活動の主体は行政が担ってきました。しかし、行政だけの力では大切な命を本当に守ることが出来ない。地域の住民自身の力が重要と、認識されるようになってきました。もし災害が起きた時の為に、平常時からの防災対策を進め、発災時の対応力を高め一人でも多くの命を守ることのできる力が、地域の防災力です。 

TRUSCO VE9S型キャビネット 880X550XH1200 引出8段 VE9S-1208 ( VE9S1208 )

災害から命を守るために

災害から命を守る3か条

過去の災害などを調べていくと

災害から命を守るために非常に重要なポイントが見えてきます。

それがこの3ヶ条です。 

甘く見ない

「大丈夫だろう」「何とかなるのでは・・」などの楽観的な心理(正常性バイアス)が、逃げるタイミングを逸したり、災害への備えを怠ることとなり、それが被害へとつながっていきます。
東日本大震災でも、防潮堤などへの過信が避難行動の妨げとなってしまったり、津波ハザードマップが「避難しなくてもよいエリア表示」となってしまい、「うちは大丈夫だ」と避難行動を止めてしまった。
アイコ 高級会議机 ミーティングテーブル 重厚43MM ボート型天板W3600×D1200MM マホガニーMAH また、毎年台風や豪雨時に、危険だと承知しているにもかかわらず、田んぼの水や堤防へ水位などを見に行き、命を失う被害が発生しています。
これもやはり「あまく見ていた」としか言いようがありません。
災害をあまく見ないなめてかからない、災害に対しての畏怖の心が重要です。

正しく学ぶ

災害はそれぞれ特性を持っています。直下型地震とプレート型地震、ゲリラ豪雨に梅雨前線等による豪雨、台風や竜巻など、災害を引き起こす自然現象は様々です。それらは、それぞれ特性があり、当然に対応方法や注意点も異なってきます。
コクヨ チェア ロビーチェア 400 アームチェア2連 CN-W402A そんな様々な災害に立ち向かうためには、それらを正しく学び、適した備えを進めていくしかありません。
しかし、市町村の防災に関するホームページや防災パンフレットなどを見ると、「水害時に行動できる水深。男性70cm、女性50cm」などとなっているものがおおく存在しています。実際の水害被害は、このような水深の中で、避難行動をとった方々が殆どです。水害時の「水の動きの特性(実際の災害現場)」を正しく知っていたならば、そのような数字は決して出ないはずです。
「行政が言っていること」イコール「全て正しい」には決っしてなりません。その意味で「正しく学ぶ」なのです。

災害発生して、やっぱり頼りになるのは地域のつながりです。
発生直後、行政機関は動きは弱くなります。それは仕方のないことで、そのためにも自主防災組織などができ、地域で命を守りあう活動が大切なのです。
そのためには、平常時からつながりを作っておかなければなりません。要援護者対策も、このつながりが全てです。何処に誰がいるのか、何が困るのか、などを普段から知っておかないと、いざという時に助けることなどできません。

以上の3カ条を基本に災害に備えることが、命を守ることに繋がります。

ナイキ ハイカウンター XC1890A-SVH-H トップに戻る 本棚・連結棚セット〔+Plus〕ナチュラル 無限横連結本棚〔+Plus〕プラス 本体+横連結棚3体 セット〔代引不可〕