デザイン照明 和紙 イサム・ノグチ和風照明・和風スタンド・LED和風スタンド DST-38819Y ミッドセンチュリー 523afazvp81380-照明、電球

自主防災リーダー養成セミナー基礎編

開催します

これだけ災害が多い時代だからこそ、防災・減災の基礎である、大切な命を守る方法を学んでください

イサムノグチ「AKARI」DST-38819Y
AKARIシリーズ
Design: イサム・ノグチ
世界でも高い評価を受けている彫刻家、イサム・ノグチ氏の手による光のオブジェ。ニューヨークの近代美術館、ギャラリーに展示。
(ランプ付)
LED電球 6.6W(E26) 電球色 2700K
■素材/色/仕上:鋼棒 黒塗装
和紙
■寸法:径φ420 高630mm
■重量:0.4kg
■プルスイッチ付(点滅)
■コード2m付(黒)
■AC100V
■ランプ寿命40,000時間
■調光器併用不可
11VA
消費電力 6.6W
定格光束 420lm
Ra80
白熱灯60Wタイプ
※3万円以上送料無料は一部地域を除きます。




※送料は、お届け地域別800円〜となります。「送料・手数料について」●送料A表をご確認ください。
●軒先でのお渡しとなります。




 日本の伝統が生んだ美しい「あかり」和に美しい
すべての明かりをご覧ください。 




Isamu Noguchi(イサム・ノグチ)1904〜1988 アメリカ
 
1904年、LAに生まれる。世界を代表する日系アメリカ人彫刻家。少年時代に日本で東洋的な美意識を育み、パリで西洋のモダニズム運動に影響を受ける。空間に緊張感を与える独創的な感覚で、ティーカップから巨大建築、都市空間に至るまで、その越境的な活動はあまりにも有名。
デザイン照明 和紙 イサム・ノグチ和風照明・和風スタンド・LED和風スタンド DST-38819Y ミッドセンチュリー
Logan and Mason ジャカード織が高級感溢れる掛け布団カバーセット クイーン (210 x 210 cm)

私たちは

人が死なない防災を目指して

私たち「まちの防災研究会」は

災害から大切な命を守るために 

一人一人が 地域が 社会が

どのようにして災害に備えることが大切なのかを研究し

自分の命は自分で守ることについて

となりご近所で守りあうことについて

子どもやおじいちゃん、おばあちゃんを守ることについて

一人でも多くの方々に話しかけ

少しでも災害に強い社会になるように

みんなの笑顔が守られるように

そんな願いで活動しています

地域の防災力とは

新20色羽根布団8点セット ベッドタイプ キング サニーオレンジ

これまでの防災活動の主体は行政が担ってきました。しかし、行政だけの力では大切な命を本当に守ることが出来ない。地域の住民自身の力が重要と、認識されるようになってきました。もし災害が起きた時の為に、平常時からの防災対策を進め、発災時の対応力を高め一人でも多くの命を守ることのできる力が、地域の防災力です。 

adairs 高級マトラッセ!モダンデザインがとっても素敵な掛布団カバーセット クイーン (210 x 210 cm)

災害から命を守るために

災害から命を守る3か条

過去の災害などを調べていくと

災害から命を守るために非常に重要なポイントが見えてきます。

それがこの3ヶ条です。 

甘く見ない

「大丈夫だろう」「何とかなるのでは・・」などの楽観的な心理(正常性バイアス)が、逃げるタイミングを逸したり、災害への備えを怠ることとなり、それが被害へとつながっていきます。
東日本大震災でも、防潮堤などへの過信が避難行動の妨げとなってしまったり、津波ハザードマップが「避難しなくてもよいエリア表示」となってしまい、「うちは大丈夫だ」と避難行動を止めてしまった。
西川リビング 24+(トゥエンティーフォープラス)掛けふとんカバー(ジャカード織り)シングルロング(SL:150×210cm)TFP-93 また、毎年台風や豪雨時に、危険だと承知しているにもかかわらず、田んぼの水や堤防へ水位などを見に行き、命を失う被害が発生しています。
これもやはり「あまく見ていた」としか言いようがありません。
災害をあまく見ないなめてかからない、災害に対しての畏怖の心が重要です。

正しく学ぶ

災害はそれぞれ特性を持っています。直下型地震とプレート型地震、ゲリラ豪雨に梅雨前線等による豪雨、台風や竜巻など、災害を引き起こす自然現象は様々です。それらは、それぞれ特性があり、当然に対応方法や注意点も異なってきます。
MyHouse モダンカジュアルがとっても素敵な掛布団カバーセット ダブル(180 x 210 cm) そんな様々な災害に立ち向かうためには、それらを正しく学び、適した備えを進めていくしかありません。
しかし、市町村の防災に関するホームページや防災パンフレットなどを見ると、「水害時に行動できる水深。男性70cm、女性50cm」などとなっているものがおおく存在しています。実際の水害被害は、このような水深の中で、避難行動をとった方々が殆どです。水害時の「水の動きの特性(実際の災害現場)」を正しく知っていたならば、そのような数字は決して出ないはずです。
「行政が言っていること」イコール「全て正しい」には決っしてなりません。その意味で「正しく学ぶ」なのです。

災害発生して、やっぱり頼りになるのは地域のつながりです。
発生直後、行政機関は動きは弱くなります。それは仕方のないことで、そのためにも自主防災組織などができ、地域で命を守りあう活動が大切なのです。
そのためには、平常時からつながりを作っておかなければなりません。要援護者対策も、このつながりが全てです。何処に誰がいるのか、何が困るのか、などを普段から知っておかないと、いざという時に助けることなどできません。

以上の3カ条を基本に災害に備えることが、命を守ることに繋がります。

布団4点セット クイーン〔Prusis〕ダクロン(R)アクア中綿シリーズウォッシャブル布団〔Prusis〕プリュシス〔ベッドタイプ〕4点セット 洗える2...〔代引不可〕 トップに戻る 布団8点セット セミダブル〔フェリシア〕アイボリー 日本製防カビ消臭 フランス産ホワイトダックダウンエクセルゴールドラベル羽毛布団8点セット Felicia〔...